食事を通して育てたいこと  

1.食事はすべての活動の基本

@ 食事を摂ることにより体力を維持し、成長、発達を促し、乳幼児期の丈夫な身体をつくります。 空腹を感じて食べ、満腹感を覚えることで、遊んで、食べて、眠るという健康的な生活リズムを大切にしています。

A「食べたい」「食べよう」という意欲を育て満足感を味わうことで「何でもやってみよう」「やりたい」という意欲につなげます。

2.食事は「心」を育てます

@ 自分を援助してくれる大人との信頼関係の中で、安心して自分の要求を出し、美味しく楽しく食べた満足感で心が豊かになります。

A みんなと一緒に楽しく食事をすることで共感しあい、相手を思いやる気持ちが生まれ、人と関わる力が育ちます。

3.自然の営み「命」を食べているのです

@ 作物を育てたり、採ったりする体験や、簡単な料理作りを体験することにより、食べ物や食べることに関心を持ち、 食べ物を大切にする気持ちを養います。

A 作物を作る人、運ぶ人、食事を作ってくれる人の存在を知り、感謝の気持ちが育っていきます。

4.正しい食習慣やマナーを身につけます

@ 食前食後のあいさつが言える
   「いただきます。」「ごちそうさまでした。」「ありがとうございました。」

A スプーンや箸など道具の使い方や、食べるときのマナーを身につける。

B 食後の歯みがきを習慣化する。


ありんこ保育園では「食育」を通して、食べることの大切さを実践しています。

バイキング
自分で食べられる量を考えながら盛り付けます。


調理保育:作る楽しさを体験します。
幼児組全員で作ります。「今日はお団子ですヨ〜!」


親子料理教室
親子で料理する楽しさを体験します。


普段の食事風景
食欲旺盛、お代わりいっぱい食べて元気!


   
2才児の子ども達から食事後、歯磨きをします。「健康な歯に育て!」



  離乳食について  

1.離乳食の目安

5ヶ月に入ったら離乳食が始まります。前期食はゆっくりていねいに子どもの健康状態を見ながら進めていきます。 摂食機能や消化能力など、個々の発達により方法・形態を配慮していきます。

  前期食:5ヶ月〜6ヶ月 1回食 ・・・(ごっくん期)
  中期食:7ヶ月〜8ヶ月 2回食 ・・・(もぐもぐ期)
  後期食:9ヶ月〜11ヶ月 3回食 ・・・(かみかみ期)
  完了食:12ヶ月〜18ヶ月 3回食 ・・・(かみかみ期)

スープは季節の野菜数種類を長時間煮込んで作ります。おも湯・粥は米から煮て作ります。 インスタントを一切使わず、すべて手作りです。


2.ミルクについて

粉ミルクは保育園で用意します。母乳タンパクに近い粉ミルクを使っています。 母乳の出る方は、冷凍母乳にして持ってきてください。また勤務場所が近い方は授乳に 来ていただいてもいいです。


3.ありんこで使用している食品の一部紹介

・米 :アイガモ除草による無農薬の胚芽米「さゆり米」
・パン:国産小麦粉と天然酵母菌で作ったパン
・醤油:国産丸大豆、国産小麦、自然塩を使った本醸造醤油
・味噌:国産材料を使った無添加本醸造の味噌
・砂糖:種子島の一番糖 原料はサトウキビ
    ミネラルなどの微量栄養素が含まれている
・塩 :平釜でじっくりと時間をかけて煮詰めた沖縄の塩
・煮干:無添加天日干し
・牛乳:低温殺菌牛乳「那須のおいしい牛乳」
・小麦粉:国産無農薬小麦の全粒粉
・油 :自然の圧搾法で搾油された一番搾りのなたね油
    100%精製工程で一切の化学合成物質を使用しない
・乾麺:国内産無添加全粒粉。イオン水、自然塩、自然乾、燥手作り


4.アレルギー対策食について

アレルギーのあるお子さんには一人ひとり個別に対応しています。アレルゲンの種類により それに対応した除去食を作っています。場合によっては栄養士・父母との話し合いを持って、 別献立を作成する場合もあります。また、定期的にアレルギー検査を医療機関で実施してもらい、 医師の指導に基づき取り組んでいます。
特に離乳食期が大事ですので、父母・医師・保育園が連携しあいながら進めていきます。


5.その他

◎2〜5才児の子ども達は毎朝「その日の昼食とおやつに出る食材」を各クラス毎にみんなで確認し合います。
見たり触ったりにおいをかいだりしてその食品の名前を覚えることで「食」に対する意欲・興味・関心を育てています。

◎食器は陶器、洗剤は石鹸液、固形石鹸等、体に安全なものを使用しています。

◎3歳を目安にお箸を使います。食べ物をしっかりつかめるように竹箸です。また、食事の後にはきちんと歯磨きをします。